故郷函館に思いを込めたブログ。曖昧な記憶を元に書いてます。 (2004年7月開設)
by beatpops
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
私 びーとぽっぷす
カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ビートルズ全アルバムを初..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
函館は雪虫が
from ゆめ芝居 それがしの申します..
The Style Co..
from 音楽の杜
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
さいかデパートのミイラ展
小学校3年(1975年)のころ、今は閉店してしまった「さいか」デパートで「インカ帝国とミイラ展」が開催された。正直なところ催しの正式名称が「インカ帝国」であったか「インカ文明」「アンデス文明」であったか定かに覚えていない。が、ミイラは確かにやってきた。

私たちのお目当てはもちろんミイラで、クラスでも話題になった。ほとんどお化け屋敷の感覚に近かった。(怖いから)みんなで行こうということになったが、小学生だけでデパートに行くことは禁止されていたので、Tの父親に連れて行ってもらうことになった。放課後、Tの家で待ち合わせることになったが遅刻してしまい、皆すでに出発した後だった。このときの寂しさは忘れられない。泣きながら家に帰るとみかねた母がさいかに連れて行ってくれた。

会場に入ると、インカ帝国の遺跡から発掘された貴重な品々が数多く展示されていた(と思う。ほとんど記憶がない)。それらには見向きもせず、目的のミイラの展示コーナーに急いだ。ミイラの埃を吸い込むと死んでしまうと言われていたので気をつけながら急いだ。

ミイラは暗いコーナーのガラスケースの中に静かに佇んでいた。何体かあったミイラは、それぞれに何かを語りかけているようにも見えた。生前はどんな人だったのだろう、くらいは思ったかもしれない。そのころには怖いもの見たさの感覚は無くなっていた。

インカ帝国のことはほとんど知識がないけれどマチュピチュにはいつか行ってみたい。それにしてもさいかデパートの搬入搬出は大変だったろうな。
[PR]

by beatpops | 2005-07-14 05:31 | 函館デパート
<< 立待岬 ミル・マスカラスの夏 >>