故郷函館に思いを込めたブログ。曖昧な記憶を元に書いてます。 (2004年7月開設)
by beatpops
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
私 びーとぽっぷす
カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ビートルズ全アルバムを初..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
函館は雪虫が
from ゆめ芝居 それがしの申します..
The Style Co..
from 音楽の杜
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
タグ:柏野小学校 ( 180 ) タグの人気記事

函館山
a0000054_2354816.jpg
今年の夏に帰省したとき、函館山に行った。ふたりの子供達は初めて。

小学校の3年生のとき、春の遠足でここに来た。そのとき函館をバックに撮った集合写真を見ると、あいにくの曇り空で景色を一望することはできない。

そのときの写真がもう一枚あって、Kと肩を組んで笑っているものだ。食事時で二人とも座っていて、背後からTが心霊写真のようにいたずらしている。遠目に写っているのは当時好きだった子だ。

写真に写っている以上の記憶はないのに函館山を見ると必ずこのときの遠足を思いだす。
[PR]

by beatpops | 2013-10-12 23:03 | 函館思い出の場所
バンバンボール
a0000054_2112770.jpg
小学6年のころ、ちょっとの間だが流行ったのがコカコーラのバンバンボール。ある日、柏野小学校の向かいにあった「あかしや」の前でバンバンボールの大会が開かれた。ゲストとして世界チャンピオンという触れ込みの赤いブレザーを着たアメリカ人がやってきて、大会の前に各種デモンストレーションをみせてくれた。
a0000054_2113094.jpg
そのチャンピオンは大会が終わったあとバンバンボールの裏側にサインをしてくれた。決勝に残った僕に何やらコメントをくれたが英語だったので意味はわからなかった。たぶん、もっと練習して上手くなれよ、とかだと思う。

その後練習などしなかったが「テンプラ」という技だけはいまでも覚えている。チャンピオン、元気かな?どこの誰だったんだろう?
[PR]

by beatpops | 2013-09-27 21:00 | 函館思い出のブーム
杉並町 緑町通り
a0000054_1425194.jpg

a0000054_1425444.jpg

a0000054_1424194.jpg


まだ小学校に上がる前のころ、この通りにある小児科によく連れていかれた。そこにいくと、いつも液体のジュースのような飲み薬がもらえて密かな楽しみだった。初老の男の先生だったかな? 「さくらばやしさん」という。

同じ通りにあるYWCAは小学1年のとき英語教室に通わされた。女の先生で生徒が10人以上いたのは覚えているが数回しか行っていないはずだ。集団で何かを学ぶのはこのころからずっと苦手だった。いまでも親には申し訳なく思う。

この通りは風の抜けが良いかんじがする。
[PR]

by beatpops | 2013-09-22 14:01 | 函館思い出の場所
貯金局近くの小道
a0000054_035668.jpg

柏木町の家から柏野小学校への通学途中に必ず通る小道。この先に昔は貯金局があった。

柏木町に越してからだからここを通ったのは2年半。この小道が国境のようなもので、行きは小道を抜けると学校までの長い道のりが自ずと意識され、逆に帰りは家まであとわずかという安心感があった。急にトイレに行きたくなっても走れば間に合う距離だし。

当時のまま残っている数少ない場所のひとつ。
[PR]

by beatpops | 2012-12-22 23:59 | 函館思い出の場所
ららぽーと新三郷&IKEA
a0000054_17301320.jpg
ららぽーと新三郷のトーマスタウン。テーマパークと呼ぶにはミニチュアすぎるが息子(3才と3日)くらいの子にはちょうどいい世界なのかもしれない。
a0000054_17301445.jpg
こちらIKEA。ららぽーと新三郷の並びにある。娘(4年生)が自分のベッドをほしがるのをみて僕が4年生のときに柏木町に引っ越して新しい子供部屋ができたときのことを思い出した。それまでの松陰町では2段ベッドだったのが広くなったのでバラして置くことができるようになった。引越し当初は12畳の部屋を兄とシェアしていたが兄の進学に合わせてアコーディオンカーテンで間仕切りを作られ、その後改築して完全な壁となった。兄からすると僕が一緒だと相当うるさかったんだろうな。


Long Live Love
NHKで放映中の米国ドラマ『glee/グリー』を見ていたらオリビア・ニュートンジョンが本人役でゲスト出演してた。ドラマでは「フィジカル」を歌ってた。
[PR]

by beatpops | 2012-08-05 17:29 | 函館思い出
函館市民プール
小4の娘が明日から夏休み。我が家の年間レジャー計画は必然的に娘の休みにあわせることになるため自分も夏休みになったような気分だ(もちろん気のせいだ)。

娘の諸々の予定に合わせた結果、今年の帰省はお盆の時期になった。残念ながら花火は見れないし、大沼のSLも終わってる。どこに行こうか検討中だが1日は市民プールにしようかと思ってる。往復の旅費が結構な額なのでプールだと節約できるし久々あの辺りにも行ってみたいのだ。

市民プールといえば小学3~4年の2年間スイミングスクールに毎週通っていた。自分から行きたいと言った記憶はないけれど特に嫌でもなかったので休まなかった。母同士が知り合いということでS藤という同じ学校の子と一緒だった。このS藤とは5年から塾も一緒にいくことになるのだがあまり会話をした記憶がない。決して仲は悪くはなかったけど穏やかな性格の彼にプロレスの話題はふらなかったはずだ。

3年のとき自分とS藤のクラスは痩せた爺さんの先生で、もうひとつのクラスは若くていかにも泳ぎが早そうな男の先生だった。いつも横目でみながら「絶対あっちのクラスの方が上達するだろうな」と悔しく思った。爺さん先生の指導は基礎を徹底する方針で、はじめてからしばらくはバタ足練習ばかりでうんざりした。一方「あっちのクラス」の先生は早くからビート盤や発布スチロールのヘルパーを使わせてとにかく泳がせる方針のようで、はたから見ていても楽しそうでうらやましかった。

4年になると先生も変わり、週1回だったのが週2回になって指導内容もレベルがあがってきた。背泳ぎ→クロール→平泳ぎ→バタフライと進んでいくが自分はクロールまでがやっとだった。今でもバタフライはもちろん、平泳ぎができない。なので誰かが遠くで溺れていて助けに行くときは背泳ぎで行かなければならないのだ。

市民プールのホームページをみると当時からかなり改装されているようだ。屋外は無くなったんだね。北海道ならそのほうがいい。


Fleetwood Mac
最近は女性ボーカルが好みでよく聴いている一枚。


XXX~ロマンへの回帰
2008年の復活から2年毎に新作を出してくれる律儀なエイジア。こういうサウンドって今の若い子にはうけるのかな?
[PR]

by beatpops | 2012-07-20 23:10 | 函館思い出の場所
柏木プラザの2F
a0000054_23174782.jpg
築40年近くなる柏木プラザ。
店名は変われど1Fはずっと食料品売り場。それに対して2Fは時代とともに変わっていった。

小学生のときはプレイランドになっていてメダルゲームなどが充実していた。その後インベーダーゲームが流行りだし、テーブル型のテレビゲームが占有した時代もあった。テレビゲームはあまり好きではなかったのでそのときだけは足が遠のいた。

中学生のときは電器店(北斗電器?)がテナントとなり、そこで当時YMOをCMに起用していたフジ・カセットをよく買った。テープについてる応募券を集めて送ると抽選で当たるYMOのブックカセットがどうしてもほしかったのだ。ステレオラジカセもここで手に入れて、FMレコパルを読みながらエアチェックに夢中になった。

高校のときになると電器店のあったところは本屋になった。週刊プロレスとか音楽系の雑誌類はよくここで立ち読みした。ある夏の日、学校さぼって立ち読みしていたら帰省中の兄が向かい側にいて見つかったことがあった。兄は特に何も言わなかった。

今は2Fは100円ショップになっている。帰省したときは意外と便利だ。
[PR]

by beatpops | 2012-02-10 23:39 | 函館2012冬帰省
電車通りの「向こう側」
a0000054_072993.jpg
僕が住んでいた松陰町と柏木町の家はどちらも電車通りの北側にあった。柏野小学校も北側だ。なので電車通りの北側を「こちら側」、渡った先の南側を「向こう側」とよんでいた。「向こう側」にあるこの松見通りは塾へ行くときによく自転車で通った。塾が終わると級友とふたりで「こちら側」のリスドールでよく買い食いをし、鈴木書店でプロレス雑誌を立ち読みした。

a0000054_075191.jpg
松陰町会館がある通り。比較的交通量が多かったので松見通りほど利用したことがない。

a0000054_09143.jpg
古くからあると思われる「桐の湯」。函館で銭湯に行ったのは2回だけ。松陰町に住んでいたころ家の給湯が壊れて柏野小学校横にある銭湯に行ったのと、5年生のとき級友に誘われて行った柏木町の「すずらん湯」。どちらも銭湯の中の記憶は無いけれど瓶のコーヒー牛乳かフルーツ牛乳は飲んだにちがいない。
[PR]

by beatpops | 2012-02-04 00:31 | 函館2012冬帰省
老眼とトランペット
柏野小時代の担任、I先生から喪中の手紙がきた。年賀状の一言コメントが唯一の「交流」であるので今年はそれができなくて残念だ。もしも今年もコメントを書くとしたら自分は何と書くだろうか。 「家族みんな元気です」や「お元気ですか」ではありきたりだし、「ついに老眼がはじまったみたいです」だとお正月らしくないし。

そういえば今年の夏に帰省したとき、父が娘(3年生)に僕のトランペットを見せて、娘が僕に「吹いてみて」とせがんだことがあった(適当にごまかして吹かなかったけど)。そのトランペットはI先生に指導してもらったものだ。


Graceland


Smile Sessions


Piano Man (Legacy Edition)


Creative D100 ワイヤレス スピーカー ブラック Bluetooth SP-D100
[PR]

by beatpops | 2011-11-26 23:16 | 函館思い出
連絡船
先月、家族で閉館直前の船の科学館に行った。
お目当てはもちろん展示係留されている連絡船「羊蹄丸」だった。
a0000054_23213957.jpg
順路に従って館内を見学するが、心の中は早く連絡船を見に行くことしかなかった。
こうしてみると意外と小さく感じられる。
a0000054_23215189.jpg
この構図で見るのは初めてだ。
a0000054_23215991.jpg
さあ、いよいよ乗船だ。


中に入る。何かを探すかのように歩き回ってみたが、内装は全体的に作り変えられていて座敷席も無く、当時の面影を見つけることはできなかった。それではと階段を上がって甲板に出てみる。小学校の修学旅行でスナップ写真に残っている場所だが特に感慨はわかない。

僕が連絡船に乗ったのは10数回、その半分近くが小中高の修学旅行。記憶はもうスナップ写真数枚に残された程度しかないのかな。
[PR]

by beatpops | 2011-10-25 23:22 | 函館思い出