故郷函館に思いを込めたブログ。曖昧な記憶を元に書いてます。 (2004年7月開設)
by beatpops
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
私 びーとぽっぷす
カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ビートルズ全アルバムを初..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
函館は雪虫が
from ゆめ芝居 それがしの申します..
The Style Co..
from 音楽の杜
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
闘魂スペシャル
CSでときどき昔のプロレス中継を放送している。
今日は昭和57年のアントニオ猪木対国際軍団(ラッシャー木村、アニマル浜口、寺西勇)の1対3ハンディキャップマッチをやっていた。当時高校1年でプロレスが何より好きだった僕は当然この試合もテレビで見ている。ラッシャー木村だけでもシンドイのにひとりで3人と戦うなんて猪木も無茶だなと思ったが、負けるとは思ってなかったので最後エプロンでロープに足が引っかかってグロッキー状態になった猪木の姿は結構ショックだった。

この放送を見て思い出したのが山口良一のオールナイトニッポンだ。この番組には、アントニオ猪木が毎回電話出演(ときにスタジオにも来た)する「闘魂スペシャル」というコーナーがあって、金曜8時のプロレスの中継を見て、その深夜に猪木の談話を聞くというのが猪木ファンのお決まりであった。生中継で試合が最後まで放送できなかったときなどはこのコーナーを聞かないと心配で眠れなかったのだ。

山口良一のホームページ

山口良一のせいで土曜日はいつも寝不足だった。

a0000054_046655.jpg
Emotional Rescue (Reis)
ストーンズを聴き始めたのは中学3年のころ。その時点の最新アルバムが『エモーショナル・レスキュー』だった。1980年発表。実験的な要素が強く、当時は賛否分かれたようだが個人的にはストーンズの夏の定番で最新リマスターで聴いている。オープニングの「ダンス」、アルバムタイトル曲「エモーショナル・レスキュー」は今になってそのカッコ良さがわかってきた。ツアーをしなかったにもかかわらず英米ともに1位。
[PR]

by beatpops | 2010-08-28 00:47 | 函館思い出
<< サーキットの狼 夏休み >>