故郷函館に思いを込めたブログ。曖昧な記憶を元に書いてます。 (2004年7月開設)
by beatpops
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
私 びーとぽっぷす
カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
記事ランキング
最新のコメント
モルモン会員約30年の苫..
by ワード at 08:22
ぱるぷんてさん コメント..
by beatpops at 09:42
懐かしいですね 行啓通..
by ぱるぷんて at 13:30
智香子さん コメン..
by beatpops at 00:53
懐かしい。私は駄菓子屋の..
by 智香子 at 21:08
ナオ@1967さん 8..
by beatpops at 00:42
私も今週帰っておりました..
by ナオ@1967 at 01:40
山内恒夫さん コメ..
by beatpops at 10:05
四十数年前になりますが、..
by 山内恒夫 at 11:13
なつかしいさん 今..
by beatpops at 23:58
なつかしささん コ..
by beatpops at 23:50
サイカデパートの最上階?..
by なつかしい at 19:01
覚えてます。上は、マンシ..
by なつかしさ at 18:56
ナオ@1967さん ..
by beatpops at 21:10
を!帰省されていたんです..
by ナオ@1967 at 23:25
hidekio103さん..
by beatpops at 23:16
Suzさん、コメントあり..
by beatpops at 23:11
たまたまこのブログを見つ..
by hidekio103 at 21:05
たまたまこのブログにたど..
by Suz at 18:01
ナオさん 実は僕も..
by beatpops at 12:47
最新のトラックバック
ビートルズ全アルバムを初..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
Paul McCartn..
from 湘南のJOHN LENNON..
函館は雪虫が
from ゆめ芝居 それがしの申します..
The Style Co..
from 音楽の杜
フォロー中のブログ
ファン
画像一覧
緑園通り(2004夏 帰省)
函館には「緑園通り」という、とても長い遊歩道がある。函館に住んでいたころはこの遊歩道の一部、本通町側の端から深堀町辺りまでしか通ったことがなかった。中学のころ、仲のよかったAと一緒に帰るときによく通ったのだ(自分の家へは遠回りになるのだがAの家にそのまま行くには近かった)。

今回の帰省で、この遊歩道のもう一方の端がどうなっているのか確かめてみたくなった。以前夢にみたときがあって、そこでは遊歩道の端は下り坂になっていて広大な団地街が広がっていた。実際はどうなってるのか、知りたかったのだ。

18日の午後、娘が昼寝したときを見計らい、散歩に出た。まずは実家から川原団地と国立病院を通って深堀中学まで行く。それから遊歩道の深堀口から合流し、もう一方の端である方面へ歩き出す。夏のせいか草木が生い茂って、少々気持ち悪い。上から虫が落ちてきそうな雰囲気。ところどころにある休憩用のベンチはとてもじゃないが座れない。とにかく黙々と歩く。遊歩道の端がどうなってるか確認しないことには帰れない、という覚悟のもとにさらにさらに歩く。途中、遊歩道脇に学校らしきものが現れた。有斗高校だ。有斗が現れる前か後に数十メートルのトンネルがあったが、夜は怖くて通れない代物。昼間でも気味が悪い。喉が渇いたが途中に自販機など無い。さらに歩くのだが、このころには今回の「探検」に後悔し始めてきた。始める前はもっと美しい情景を思い浮かべていたのだが、現実には...。
遠くに湯の川らしき町景色が見えてきたときに、後ろから自転車でやってきたジャージ姿の高校生に、「このまま行けば根崎グラウンドに着きますか?」とたずねられた。ゴメン、俺にもわからないんだ。

結局、ここで先にいくのは断念した。いつか自転車で行こう。そのまま本通り方面へ引き返す。
[PR]

# by beatpops | 2004-07-21 18:17 | 函館2004夏帰省 | Comments(6)
2004夏 帰省
 7月16日から19日まで約2年半ぶりに帰省した。娘の出産などでなかなか帰れなかったのだ。自宅から羽田まではバス~電車で1時間超、おまけにこの暑さ、1才半の娘が心配だったが特にぐずらず、ひと安心。座席はスーパーシートにしたが、子連れには正解だ。ちなみにポケモンジェット、通路をはさんで反対側には志垣太郎がいた。たぶん仕事だろう。妻はちょっと酔ったみたいだ。

 函館空港につくと改装工事中だった。涼しい。母が出迎え。酔った妻をリニューアルした待合室で少し休ませてから実家へ向かう。

 実家は柏木町のダイエー近くにある。実家に着くと父と犬2匹が出迎え。年長の犬は腰が立たなくなっている。両親は犬が生きているうちに娘と対面させたがっていたからよかった。「わんわん」大好きの娘がびっくりして泣き出す。その後落ち着いたらしく、さかんに「わんわん」にチョッカイをだす。

 実家のまわりは向かいの家を含め「売り地」が多くなっていた。
(続く)
[PR]

# by beatpops | 2004-07-21 14:36 | 函館2004夏帰省 | Comments(2)
このブログについて
 故郷である函館の記憶を忘れないため、ブログに書き留めておこう。函館に縁のある人のコメント、トラバ歓迎。お気軽にどうぞ。

【プロフィール】

びーとぽっぷす(beatpops)

1967年3月生まれ(魚座) 男  土星人(-)
函館の中央病院で生まれる(当時は相模原市在住、出産のための一時帰省)。

3歳から高校卒業まで函館に住む。高校卒業後、札幌で一年浪人したのち東京へ

現在は東京葛飾区在住の会社員。
妻と娘(2003年1月生まれ)と息子(2009年8月生まれ)がいる。

趣味:音楽を聴くこと(ビートルズ、ストーンズ、ピンク・フロイド、ルースターズほか)
[PR]

# by beatpops | 2004-07-21 00:14 | このブログについて | Comments(35)